Thunderbirdでのフィードの購読と削除(RSS・Atom)

スポンサーリンク

フィードの購読

ThunderbirdはRSSやAtomなどのフィードを取得してHTMLメールを読むような感覚で記事を閲覧する機能があります。

少し手間取った部分がありましたのでメモしておきます。

以下が実際に取得してThunderbird内で記事を見ている状態です。

フィードアカウントの追加

Thunderbirdでの「フィードアカウント」とは、フォルダのようなものです。

複数のサイトのフィードを購読する場合に自分が分かりやすいよう「ブログ」や「レシピ」など好みの名称をつけておけます。

「アカウント設定」からいつでも変更できるので、とりあえず試してみたい場合は適当な名称でも構いません。

ファイル > 新規作成 > フィードアカウント

ここで入力する「アカウント名」とは「フォルダの名称」なので、お好みでつけます。
いつでも変更できるので、とりあえず適当な名称で構いません。

完了すると、Thunderbirdのローカルフォルダにフィードのアイコンのフォルダが作成されます。

フィードの購読

RSSなどのフィードを格納したいフィードのフォルダを右クリックし、「購読」に進みます。

設定箇所がいくつかありますが、基本的に「フィードのURL」だけ入力すれば設定できます。

RSSリーダーなどでは、サイトのURLを入力するとフィードのURLを解析してくれるものもありますが、Thunderbirdはしてくれないので実際のフィードのURLそのものを指定します。

入力したら「追加」ボタンをクリックします。

以下のように取得できたら「閉じる」で戻ります。

追加されました。

こうして追加されたフィードはHTMLメールを見るように記事が読めます。

以下が実際に取得してThunderbird内で記事を見ている状態です。

気になるサイトを新着メール感覚で読めるのは結構便利ですね。

ブラウザで閲覧したい場合はメールの差出人などが表示されるエリアにある「ウェブサイト」の部分のURLをクリックします。

購読の解除

購読の解除は、解除したいフィードを右クリックして「削除」するだけです。

確認されますので「フォルダーを削除」をクリックすれば完了です。

フィードフォルダの削除(フィードアカウント)

フィード自体は右クリックから削除できますが、フィードのフォルダは「フィードアカウント」というアカウント扱いのため、「アカウント設定」から削除を行います。

ツール > アカウント設定

削除したいフィードアカウントをクリックして選択状態にしておき、下部の「アカウント操作」から「アカウントを削除」をクリックします。

メールアカウントも並んで表示されているため、誤ってメールアカウントを削除しないよう注意してください。

確認画面になりますので、「メッセージデータを削除」にもチェックを入れて「削除」ボタンをクリックすると、フィードのフォルダが削除されます。

その他

アカウント名の変更(フィードのフォルダ名)

フィードのフォルダ名を変更したい場合は ツール > アカウント設定 から対象のフィードアカウントを選択し、「アカウント名」を修正します。

保存ボタンなどはなく、修正すると即座に反映されます。

フィードの名称変更

名称を変更したいフィードを右クリックして「プロパティ」から「名前」を変更して「OK」します。

この操作で以下の名称が変更できます。

このフィードはすでに購読しています

フィードの登録と解除を何度も試していると、購読していないのに追加時に「このフィードはすでに購読しています」と表示されることがありました。

この場合はThunderbirdを再起動してから再度追加してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました