CPU-Zの日本語化パッチ配布(ハードウェア情報確認ツール)

CPU-Zについて

CPU-ZはPCのハードウェア情報を確認できるツールで、「CPU」「マザーボード」「メモリ」「グラフィックカード」などの情報が確認できるほか、「ベンチマーク」ツールも付属しています。

メモリの増設やグラフィックカードの買い替えなどのときに、PCを開けずに規格が確認できるので非常に便利なツールです。

「さよならストレス」さんのサイトで配布されている日本語化パッチを使わせて頂いていましたが、1.95用が配布されていなかったので自分用に作成しました。

ここで配布するのは「zip版の64bit用」のみですが、「さよならストレス」さんは「zip版」も「setup版(インストーラ版)」も、「32bit」と「64bit」も同梱されている豪華な構成なので、待てる場合はそちらをおすすめします。

下のリンクから「さよならストレス」さんのCPU-Z日本語化パッチの配布ページへ行けます。

日本語化パッチ

CPU-Zのダウンロード

CPU-Z | Softwares | CPUID
CPU-Z is a freeware that gathers information on some of the main devices of your system : Processor name and number, codename, process, package, cache ...

対象のCPU-Zの確認

ここで配布する日本語化パッチの対象は「ZIP・ENGLISH」のリンクからダウンロードできるCPU-Zです。

CPU-Zのダウンロードページ

別バージョンへ適用しようとすると「CRCが一致しません」と表示されパッチ適用がキャンセルされます。

差分パッチ作成時にCRCの不一致を無視できるよう設定できるのですが、トラブル防止のためにこうしてあります。

日本語化パッチ対象ファイルが異なる場合

CPU-Zのバージョンは起動後は左下に表示されています。

ダウンロードページなどでは「1.96」までの表示ですが、少さな修正の場合は末尾の数字が変化し「1.96.0」から「1.96.1」になったりします。
末尾のバージョンまで一致していないとCRCエラーになり適用できません。

起動前は「cpuz_x64.exe」を右クリックしてプロパティから確認できます。

以下の場合は「1.95.0」です。

実行ファイルのプロパティからのバージョン確認

日本語化パッチのダウンロード

以下をダウンロード保存してください。

CPU-Z 1.96.1(64bit)用

CPU-Z 1.95.0(64bit)用

日本語化する

ダウンロード物を解凍すると「CPU-Z_1950-x64-JP-002.exe」が出てきますので、CPU-Zの実行ファイルがあるフォルダへコピーします。

コピー後のフォルダは以下のような感じになります。

日本語化パッチの配置

その後「CPU-Z_1950-x64-JP-002.exe」をダブルクリックして実行します。

ユーザーアカウント制御がでるので「はい」をクリックして進めます。

UACダイアログ

以下のように「正常終了」が表示されたら日本語化完了なので、ダウンロードした「CPU-Z_1950-x64-JP-002.exe」は削除して構いません。

パッチを当てる前の元ファイルは「cpuz_x64.OLD」の名称で残りますので、戻したい場合はパッチを当てた「cpuz_x64.exe」を削除したあと、「cpuz_x64.OLD」を「cpuz_x64.exe」にリネームすれば、パッチを当てる前の元の状態に戻せます。

日本語化後は以下のような感じになります。

CPU-Z日本語化適用後

「検証とは何ですか?」の下部の文字列は日本語にしたら表示が崩れてしまったので、一応見える程度に修正しました。

検証ページのレイアウト修正

「Clocks」などの文字列はバイナリ修正のため、文字数の都合で「クロック」にしましたが、ちょっと分かりづらい気がしますね・・・

コメントフォーム

タイトルとURLをコピーしました