LightBulbの日本語化パッチ配布(ブルーライト軽減ソフト)

スポンサーリンク

LightBulbについて

LightBulbはWindows用のブルーライトカット(軽減)ソフトで、設定時刻になると、色温度の他に明るさ(Brightness)も設定値へ調整してくれるので、夜間の作業でも目に優しいです。

特にバージョン2.3.0になってからは非常に安定しているのでオススメです。

設定項目はそこまで多くありませんが、せっかくなので日本語化してみました。

以下がオリジナルです。

日本語化後は以下のような感じになります。

設定なども。

文字数の関係でどうしても修正できない箇所があったため、少し残っています。

LightBulbのダウンロード

LightBulbはオープンソースのプロジェクトとなっており、GitHubからダウンロードできます。

Releases · Tyrrrz/LightBulb
Reduces eye strain by adjusting gamma based on the current time - Tyrrrz/LightBulb

「LightBulb-Installer.exe」がインストーラ版、「LightBulb.zip」が解凍するだけで使えるポータブル版です。

ポータブル版も設定の「Start With Windows」をONにするとWindows起動時に自動実行してくれます。

日本語化パッチの使い方

パッチのダウンロード

以下をダウンロード保存してください。

LightBulb 2.3.0用

日本語化する

LightBulbが起動していたら終了させてからパッチを当てます。

タスクトレイのLightBulbを右クリックし、

「Exit」で終了させます。

ダウンロード物を解凍すると「LightBulb-230-JP-002.exe」が出てきますので、LightBulbの実行ファイルがあるフォルダへコピーします。

コピー後のフォルダは以下のような感じになります。

その後「LightBulb-230-JP-002.exe」をダブルクリックして実行します。

ユーザーアカウント制御がでるので「はい」をクリックして進めます。

以下のように「正常終了」が表示されたら日本語化完了なので、ダウンロードした「LightBulb-230-JP-002.exe」は削除して構いません。

LightBulbを起動して日本語版になったのを確認します。

パッチを当てる前の元ファイルは「LightBulb.OLD」の名称で残りますので、戻したい場合はパッチを当てた「LightBulb.dll」を削除したあと、「LightBulb.OLD」を「LightBulb.dll」にリネームすれば、パッチを当てる前の元の状態に戻せます。

日本語化後は以下のような感じです。

色温度や明るさの設定。

自動実行での日の出と日の入りの設定。

「Auto-update」は「自動更新」だと長さが合わなかったのでそのままです。

「ガンマ平滑」は徐々にガンマも変更していくという設定で、元の設定名は「Gamma smoothing」です。

「設定優先」は他のソフトに上書きされないようにガンマポーリングして適用するという機能で元は「Gamma polling」です。

ちょっと分かりづらいですが、文字数の関係でこうなりました。

ホットキー設定。

タスクトレイの右クリックメニュー。

「Open」や「Exit」なども文字数が合いませんでした。

まばらに残ってると結構気になってしまいますね・・・

LightBulbの不具合

バージョン 2.3.1

LightBulbの2.3.1には不具合があるため、いまのところは2.3.0を使うのをおすすめします。
おそらく次のバージョンでは改善されると思います。

私の環境では起動直後は良いものの、しばらくするとマウス操作を含めた画面の動きがカクカクとフレームレートが落ちたような状態になるほか、Windowsの通知音などに「プチプチ」や「ブチブチ」したノイズが入り、さらにひどくなると音が細切れになる状態でした。

以下は取りそこねたので正常な状態のものですが、不具合が出ているときは「デスクトップウィンドウマネージャー」のCPU使用率が「15~20%」ほどありました。
画面の描画を管理するプロセスなので、この程度の負荷でも操作にダイレクトに影響します。

あと、「デスクトップウィンドウマネージャー」は普段30MBくらいのメモリ使用量ですが、不具合が出ている状態だと2GB以上食ってました。

GitHubの対象バージョンのところにも注意書きが追加されました(深刻なパフォーマンスの低下が報告されています)

その他

Windows用のブルーライト軽減ソフトの紹介は以下のページにあります。

Windows用のブルーライトカットソフト比較(目に優しい)
Windows10の夜間モード(標準機能)Windows10ではブルーライトをカットする夜間モードの設定があります。Microsoft純正なだけあって安定感があり、切り替え時にチラついたり、効かずに夜なのに全開ということもありま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました