bintextの日本語化パッチ配布(バイナリからのテキスト抽出ツール)

スポンサーリンク

bintextについて

bintextはバイナリファイルから文字列を抽出して確認したり保存したりできるツールです。
バイナリエディタでも文字列は見えるのですが、大量のテキストを含むバイナリの場合はこれで保存したあとに好みのテキストエディタで物色するのが楽な感じです。

「bintext」は「McAfee」のサイトからダウンロードできます。

http://b2b-download.mcafee.com/products/tools/foundstone/bintext303.zip

オリジナルは以下のような感じです。

シンプルなツールなので日本語化する必要は無かったかもしれません。

日本語化後は以下のような感じになります。

使い方は簡単なので、インターフェイスを日本語にしただけでヘルプは英語のままです。

日本語化パッチの使い方

パッチのダウンロード

以下をダウンロード保存してください。

bintext 3.0.3.0用

日本語化する

ダウンロード物を解凍すると「bintext-3.0.3.0-JP-001.exe」が出てきますので、「bintext.exe」と同じフォルダへコピーします。

その後「bintext-3.0.3.0-JP-001.exe」をダブルクリックして実行します。

ユーザーアカウント制御がでるので「はい」をクリックして進めます。

以下のように「正常終了」が表示されたら日本語化完了なので、ダウンロードした「bintext-3.0.3.0-JP-001.exe」は削除して構いません。

bintextを起動して日本語版になったのを確認します。

パッチを当てる前の元ファイルは「bintext.OLD」の名称で残りますので、戻したい場合はパッチを当てた「bintext.exe」を削除したあと、「bintext.OLD」を「bintext.exe」にリネームすれば、パッチを当てる前の元の状態に戻ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました