ハードウェアの安全な取り外しでのエラーを何とかする(Windows)

スポンサーリンク

外付けハードディスクなどをいきなり抜いてしまうと、ファイルの操作中だった場合には破損してしまいますが、タスクトレイにある安全な取り外しから行えば、そういった不安なく取り外すことができます。

しかし、結構な頻度でエラーが出る事がありますので、その確認方法などを記載します。

「このデバイスは現在使用中です。デバイスを使用しているプログラムまたはウィンドウを閉じてから、再試行してください。」みたいなエラーが出る場合は試してみてください。

安全な取り外し

タスクトレイの以下が「安全な取り外し」です。

取り外してみましょう。

このとおり。

ただし、これは一時的なものである場合がほとんどなので、何度か試すか、数分待ってから再度実行すれば取り外せる事も多いです。

リソースモニターから確認(Windows標準ツール)

タスクマネージャからは「リソースモニター」というツールにアクセスでき、ここで開かれているファイルやプロセスなどを確認できます。

Windows最下部の「タスクバー」を右クリックし、「タスクマネージャ」をクリックします。

タスクマネージャを起動するとこんな感じです。

上部のタブを「パフォーマンス」に切り替えます。

下部の「リソースモニターを開く」をクリックします。

「ディスク」タブをクリックします。

色々表示されますが、一覧上部の「ファイル」をクリックすると並び替えされます。

ここで表示されるのは、「現在読み書きが発生しているファイル」のため、テキストエディタなどで開いているだけのファイルなどは表示されませんが、裏でコピーが行われている途中などの確認はこれで行なえます。

パラパラと切り替わってしまって確認できない場合は上部の「監視」から「監視の停止」をすると、現在の状態で止まります。

再び再開する場合は「監視の開始」をクリックします。

OpenedFilesView(フリーソフト)

「OpenedFilesView」というフリーソフトを使うと、読み書きが発生しているかどうかに関わらず、開かれているファイルとプロセスなどの詳細が確認できます。

OpenedFilesView - View opened/locked files in your system (sharing violation issues)
Displays the list of all opened files on your system and allows you to close files for solving sharing violation problems.

起動するとこんな感じです。

一覧の表題「フルパス」をクリックすると開かれているファイルのパス順で並び替えできます。

確認する場合は「フルパス」の項目で「外そうとしているドライブ」のドライブレターを見ます。

以下の例では「W」というドライブを外そうとした時の例です。

ファイル名まで出ない場合がありますが、対象のドライブで開かれている項目は右クリックしてプロパティを確認してみましょう。

上記のプロパティを確認したところです。

実行ファイルなどが確認でき、この例では「サクラエディタ」なので、サクラエディタで開かれているタブを閉じたり、サクラエディタ自体を終了させることでドライブがはずせるようになります。

排他制御が有効な場合(他のソフトから読み書きさせない)は、上記と同じファイルですが、ファイル名まで表示されました。

サクラエディタの設定箇所は以下です(デフォルトは「しない」)

開かれているファイルがわかったので、閉じて再び「安全な取り外し」をすると成功しました。

OpenedFilesViewでのプロセス操作

右クリックからプロセスの操作もできるのでメモしておきます。

どうしても「安全な取り外し」ができない場合に試す操作です。

以下は試した方が良い順番で記載しました。

Bring Process To Front

対象プロセスのウィンドウを最前面に持ってきます。

バックグラウンドで動作するようなプロセスは何も起きませんが、テキストエディタなどであれば、そのウィンドウが最前面に来ますので、開いているファイルを閉じましょう。

Bring Processes Of Selected Files

開いてるファイルを閉じます。

サクラエディタで開いているテキストファイルの場合、個々のタブの「X」をクリックし、そのタブ(ファイル)を閉じるのと同じ動作です。

プロセス自体は終了せず、ファイルだけ閉じられます。

選択したファイルのハンドルを閉じる

開いているプロセスに、「終了してください」と伝えます。
強制でないので、暴走してるようなプロセスには無視されてしまいます。

サクラエディタの例だと、サクラエディタ自体を通常の操作で終了する動作と同じです。

複数のファイルが開かれている場合は、そのプロセス自体終了するので全部閉じられます。

選択したファイルのプロセスのキル

開いているプロセスを強制終了させます。

未保存のデータがあった場合は失われてしまうため、先に他の操作を試し、どうしてもだめな場合はこれで強制終了させます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました