USBデバイスの接続と切断ログをUSBLogViewで確認(Windows)

スポンサーリンク

USBLogView

USBLogViewは抜き差しされたUSBデバイスを表示したり、ログに記録してくれるフリーソフトです。

USBデバイスが増えて普段使わないデバイスが出てくると、接続と切断を繰り返し、ピンコロピンコロとWindowsから音が鳴っても何が原因か把握できなくなる事があります。

そういった場合はこのソフトを使うと原因が特定できます。

ダウンロードと設定

以下からダウンロードします。

USBLogView - Records the details of any USB device that is plugged or unplugged into your system
USBLogView is a small utility that runs in the background and records the details of any USB device that is plugged or unplugged into your system.

同じ作者様のソフトでUSBDeviewという、USBデバイス一覧の詳細確認が出来るソフトもあり、こちらも非常に便利なソフトですが、今回はUSBlogViewを使います。

少し下にスクロールすると「Download USBlogView」というリンクがありますのでクリック。

さらに日本語化するためのファイルも、さらに下にスクロールするとあります。

日本語化する場合は「Japanese」をクリックします。

日本語化ファイルは解凍する「USBLogView_lng.ini」というファイルが出てきますので、「USBLogView.exe」と同じフォルダにコピーするだけで、起動後に日本語になります。

接続と切断の確認

USBLogViewを起動し、手元にあるUSBデバイスを接続してみます。

すると、以下のようにイベントタイプが「接続」として、接続された機器の状態が表示されます。

USBデバイスを抜いてみると以下のように「切断」と下に追加されます。
抜き差しを繰り返すと、どんどん表示が追加されます。

表示される内容は以下のとおりです。

  • イベントタイプ
  • イベント日時
  • デバイス名
  • 内容
  • デバイスタイプ
  • ドライブレター
  • シリアルナンバー
  • ベンダーID
  • プロダクトID
  • ベンダー名
  • プロダクト名
  • ファームウェアリビジョン
  • USBクラス
  • USBサブクラス
  • USBプロトコル

USBデバイスの特定

「ベンダー名」はメーカー名です。

「内容」には製品名が表示されます。

以下の場合はUFD(USBフラッシュドライブ)、シリコンパワーの128GBのUSBメモリというのがわかります。

PC(旧マイコンピュータ)で表示されるドライブレターも確認できます。

USBデバイスの特定(ベンダー名や製品名が表示されない場合)

古めの機器なら大抵表示されますが、ベンダー名などが空欄のものもあります。

こういった場合は「ベンダーID」や「プロダクトID」で検索できるサイトがあるので使わしていただきましょう。

USBLogViewのリストを右の方に移動すると、以下のように「ベンダーID」と「プロダクトID」が確認できます。

USB ID Database
Database of USB devices and their Vendor and Product ID's

上記のサイトにVendor ID(ベンダーID)とProduct ID(プロダクトID)の入力欄がありますので入力。

上記の例だとVendor IDは「13fe」、Product IDに「5500」と入力して「Search」をクリックします。

すると以下のように一覧が表示されました。

いくつか表示されるのは重複している場合もあるためで、上記の例だと「13fe」というベンダーIDは「PATRIOT」「Kingston」「Phison」の3つのうちのどれかとわかります。

このベンダーIDやプロダクトIDはWindowsのデバイスマネージャでも確認できます。

コントロールパネル > デバイスマネージャ

USBLogViewと比べると探しにくいですが、今回は以下です。

プロパティ > 詳細タブ > ハードウェアID

「VID_13FE」という文字がありますが、ベンダーID(Vendor ID)が「13FE」という意味です。

同じく「PID_5500」という文字が見えますが、プロダクトID(Product ID)が「5500」という意味です。

上記のようにWindowsのデバイスマネージャから探しても良いですが、大量に表示されるリストから探すのは大変なので、USBLogViewで確認するのがオススメです。

ログに出力する

ログファイルに出力することも可能で、接続や切断をすると即座にログへ追記されます。

USBLogView上部のメニュー > 設定 > 拡張設定

「全てのUSBイベントをログファイルに追記」にチェックを入れ、ログファイル名は拡張子も含めた名称を指定します。

今回は「USB-connect.log」としました。

OKボタンクリックすると、以降は「USBLogView.exe」と同じフォルダへ「USB-connect.log」として出力されます。

ログの改行コードはCRLFですので、メモ帳などでも確認できます。

区切りは「カンマ区切り」か「タブ区切り」を指定できますので、必要に応じてExcelなどへインポート可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました